GREETING
ご挨拶

ご挨拶

- 代表あいさつ
北山忠雄

現在、日本は超高齢化社会が進み、老老介護や独居老人へのサポート体制強化が急務です。
人は誰もが老いて行き、「生・老・病・死」のたとえの様に、身体が衰え病にかかり、終末期を迎えます。
私たちはお客様の日常生活の安全、安心はもちろんのこと、たとえ身体は老いや病にあっても、心や魂は健全であると考え、お客様が心明るく、楽しく、前向きに毎日が過ごせるようにお手伝いいたします。

"愛ある日々のお手伝い"

愛ある日々とは、老いて病の中にあっても、他の人を思いやり、他の人の幸福を願い、人に愛を手向けることで得られる、幸福感のある日々です。

社名のT.S.Iはターミナルケアー・サポート・インスティチュートの略です。
人生の終末期を心身共にご自宅で安心して暮らせるように、全力でサポートいたします。

- マネージャー(アンジェスおごと)
北山優吾

「愛ある日々のお手伝い」をモットーに日々入居者様と関わらせて頂いております。
常にお客様の立場に立ち、何を幸福と感じられるのか、何を求めておられるのかというニーズをくみ取り、真心のこもったサービスを提供致します。
明るく元気な姿で安心して生活して頂く事がアンジェスおごとスタッフ一同の願いです。

- 訪問介護 管理者(えんじゅおごと)
中村眞里

自立して、しっかりと役割を持って生きてこられた方であっても、なかなか老いには勝てません。
物忘れが出てきたり、身体が動きにくくなったりしてきます。
そんな自分がなかなか受け入れられず、はがゆくて介護者(家族)に気持ちをぶつけられる事も多いと思います。家族だから介護は難しいという事もあります。
私達は自立支援に重点を置きながら、明るく温もりのある関わりで暮らしをサポートしていきたいと考えています。そして皆様の目の輝きが持続できることを目標としています。
「老い」という現実に直面している本人の気持ちに寄り添いニーズにお応えできる様これからも職員一同、益々努力して参ります。

  • アンジェス動画
  • アンジェス通信

PAGE TOP